お知らせ

ホーム > ニュース一覧 > 麻央侑希 舞台「夜明けのうた」 出演

麻央侑希 舞台「夜明けのうた」 出演

更新日:2020/11/17

----------------------------------------
麻央侑希 舞台「夜明けのうた」 出演
----------------------------------------

20201117_img01

~青春×歌謡=時代を超えて伝える希望のメッセージ~

日活青春映画が、舞台で蘇る!

【脚本】鈴木哲也 【演出】大関真
【出演】麻央侑希 中村麗乃 木津つばさ
市川美織 敦士 富永勇也 小沼将太 川﨑麻世(特別出演)他
日程:2021年1月17日(日)~24日(日)   
劇場:渋谷・さくらホール


★「日活歌謡シリーズ」とは
創業から108年を迎えた日本最古の映画会社・日活。その歴史の中で、絶大な人気を誇り、数多くの観客を動員し、まさに黄金期を代表するのが「日活歌謡映画」です。それは高度経済成長期という時代背景の下、歌謡曲と映画、そして豪華スターとの幸福な結びつきから生まれ、その時代を生きた多くの人々、特に若者へ向けての人生賛歌を高らかに歌いあげた最高のエンタテインメントでした。
銀幕の大スターが演じ、スターが歌う…彼ら若者たちの歌声と生き様は、時代を超えて愛され、また閉塞感が漂う今日においても、希望のメッセージを伝えていくこととなるのではないでしょうか?そんな日活歌謡映画を、結成40年を超えて今なお進化し続ける総合芸術集団「スーパーエキセントリックシアター」が舞台化いたします。

★「夜明けのうた」とは
●映画の元となった楽曲は、1964年に岸洋子のシングル(いずみたく作曲、岩谷時子作詞)として発表され、大ヒットを記録し、第6回日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。映画「夜明けのうた」は、その楽曲「夜明けのうた」を主題に、日活が1965年に製作・発表した青春歌謡映画。喧騒と頽廃の大都会の二十五時に咲いた純愛と愛欲の花を、後に「南極物語」(1983)で、日本映画界のトップに上り詰めた俊才・藏原惟繕が監督した。人気絶頂のミュージカルスターでありながら、愛の焦燥にもだえる主人公をトップスターの浅丘ルリ子が演じ、失明を予告されている少女(松原智恵子)とその恋人(浜田光夫)との邂逅を通じて、自分が立ち向かうべき道を探っていく姿は、多くの人たちに感動を与え、日活の映画を代表する一本となりました。

20201117_img02

©1965 日活株式会社


★「麻央侑希」宝塚退団後初主演作!
主演の「麻央侑希(まおゆうき)」は、元宝塚歌劇団星組の男役スター。2019年に退団し、本作が退団後の初主演作品となります。その燦然と輝く圧倒的な存在感で、ミュージカルスター緑川典子役を演じ切ります。

★「中村麗乃(乃木坂46)」のフレッシュな演技に注目!
田舎からやってきた純情可憐な少女千加子役には、ミュージカルをはじめ多くの舞台で活躍する中村麗乃を抜擢。

★2.5次元舞台で活躍する「木津つばさ」
舞台『刀剣乱舞』をはじめ数多くの2.5次元舞台で活躍する木津つばさが、純真でまっすぐな青年・利夫役を務めます。

★舞台版オリジナルキャストに「市川美織」
物語となる1965年と2021年を結ぶ大切な語り部、明子役に市川美織(元AKB48・NMB48)を迎え、舞台としての新しいアプローチを魅せます。

★川﨑麻世が物語を支える脚本家役に
典子に決断を迫る脚本家・真木耕作役に経験豊富な川﨑麻世が特別出演。

★物語
1965年(昭和40年)東京オリンピックを成功させ、高度経済成長期真っ只中の日本。
人気女優の典子(麻央侑希)は、ミュージカルの主演やTV出演と華やかで多忙な日々を送る一方、妻子ある作曲家の愛人・野上(敦士)との密会に空しさを覚えるようになっていた。
 そんな典子に新作舞台「夜明けのうた」の台本が届く。それは典子自身の私生活を赤裸々に綴った物語だった。典子は激怒し、出演を断る。
気晴らしにドライブに出かけた典子は、パーキングエリアでヒッチハイクをしている少年・利夫(木津つばさ)と少女・千加子(中村麗乃)に出会う。

原作 :映画「夜明けのうた」©日活株式会社
監督:藏原惟繕/脚本:山田信夫
脚本 :鈴木哲也
演出 :大関真(スーパーエキセントリックシアター)
主題歌 :「夜明けのうた」(作曲:いずみたく、作詞:岩谷時子)
制作 :スーパーエキセントリックシアター
プロデューサー :小林諸生(スーパーエキセントリックシアター)
  本田好明(ABCライツビジネス)
エグゼクティブプロデューサー :大関真(スーパーエキセントリックシアター)

出 演 : 緑川典子役 麻央侑希 【ミュージカル女優】
千加子役 中村麗乃(乃木坂46) 【目を患っている少女】
利夫役 木津つばさ 【千加子のボーイフレンド】
明子役 市川美織 【現代の少女】
野上役 敦士 【典子の恋人】
藤木役 富永勇也 【ミュージカル俳優】
中原役 森脇和成 【演出家】
加納役 小沼将太 【医師】

真木耕作役 川﨑麻世(特別出演) 【脚本家】

近藤雄介  合田賢治  相田英瑞  杉昇真 ほか

公演日程:2021年1月17日(日)~24日(日) 全11公演予定  
20201117_img03
※ロビー開場は開演の1時間前、客席開場は開演の45分前となります。 ※未就学児はご入場できません。


★チケット
チケット料金 :一般 ¥10,000(税込・全席指定)

一般(特典付き) ¥13,500(税込・全席指定)
特典内容:ビジュアルフォトブック(予定)

チケット受付 :CNプレイガイド

チケット販売予定 : 舞台公式・FC先行(抽選)11月21日(土)12:00~29日(日)23:59

一般販売(先着) 12月26日(土)10:00~

企画・制作 :舞台「夜明けのうた」製作委員会(SET/ABCライツビジネス)

制作協力 :ボルテージ

著作権表記 :©日活 ©舞台「夜明けのうた」製作委員会

公式サイト :https://yoakenouta-stage.com/

公式Twitter :@yoake_stage

公演に関するお問い合わせ  :SETインフォメーション 03-6433-1669(平日11:00~18:00) info@set1979.com


コロナウイルス感染防止の取り組みについて
・政府、都道府県庁など自治体の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインに従い、感染予防対策を講じた座席配置で実施致します。ご理解頂きますよう、何卒お願い申し上げます。【2020年11月15日(日)現在】
・入場時に感染予防対策として、検温、アルコール消毒の実施を行います。
・飛沫対策としてマスク、フェイスシールド等の着用をお願いいたします。
その他詳細は公式サイト(https://yoakenouta-stage.com/)をご覧ください。